よくある質問

現在の農林年金給付の概要

特例年金の税金

特例老齢農林年金には税金がかかりますか。

 特例老齢農林年金は、所得税法で「雑所得」とされているため、年金の支給額から所得税を源泉徴収することになっています。
 なお、障害または死亡を事由とする給付は、非課税となります。

年金と税金

源泉徴収票はいつ送られてきますか。

 源泉徴収票は、毎年1月下旬に送付します。
 もし、1月中に届かない場合は、農林年金・年金支給課までご連絡ください。

源泉徴収票に記載された「支払金額」と口座に振り込まれた額が一致していません。どうしてですか。

 源泉徴収票の「支払金額」は税込み額ですので、年金から所得税が源泉徴収されている方は、口座に振り込まれた額と一致しない場合があります。

源泉徴収票を紛失しました。どうすればよいですか。

 源泉徴収票を紛失した場合は、再発行することができますので、農林年金・年金支給課までご連絡ください。

確定申告は必要なのでしょうか。

 次の①の方で②に該当する方は、所得税の確定申告(提出・納税)が不要です。

①公的年金等の収入金額の合計が、400万円以下
②公的年金等にかかる雑所得以外の所得金額が、20万円以下

 但し、雑損控除や医療費控除、生命保険料控除、地震保険料控除、寄附金控除などから所得税の還付を受けられる方や、確定申告を提出することが要件とされている特例(株式等の損失の翌年以降への繰り越しなど)を受けられる方は、確定申告書の提出が必要です。

扶養親族等申告書について。
ページトップへ