よくある質問

特例一時金(特例年金受給者)

特例一時金(特例年金受給者)の受け取り

いつ特例一時金が支給されますか。

 特例一時金は改正法の施行日(令和2年4月1日)以降支給することになります。特例一時金の請求にあたって、基準日(施行日の前日)において年金の決定を受けている年金受給権者の方については請求書の提出は不要(ただし、退職所得の申告書等の必要書類の提出が必要になる場合があります)です。なお、年金未裁定者の方は特例一時金請求書の提出後に支給することとなります。

どれくらいの額の特例一時金が支給されるのですか。

 特例一時金は、改正法の施行日(令和2年4月1日)以降の将来分の特例年金を一時金に換算して支給するものです。したがって、個人個人の特例年金額(加入期間と平均給与および給付乗率により算定)がベースとなり、年齢や性別、年金支給開始年齢によっても違いが出てきます。また、将来の特例年金を一時金に換算するための割引率の設定によっても額は変わってきます。この算定に必要な割引率については、今後、農林水産省令で定めることとなっており、現時点では未定となっています。皆様方への一時金額のご案内は、農林水産省令の公布後に施行日に合わせて個別にお送り(郵送)する予定です。なお、現時点で農林水産省令の公布時期は未定となっております。
(特例一時金の金額については、お問い合わせいただいても現時点ではお答えできませんのでご了承ください。)

ページトップへ