よくある質問

農林年金給付の概要

特例年金受給者の届出

住所が変わりました。届出は必要ですか。

 住所に変更があった場合は、「住所・支払(払渡)機関変更届」を農林年金にご提出いただく必要がありますので、農林年金・給付課(電話03-6260-7809)までご連絡ください。

届出書(記入例)

氏名が変わりました。届出は必要ですか。

 受給者の方の氏名に変更があった場合は、「年金受給権者氏名変更(訂正)届」を農林年金にご提出いただく必要がありますので、農林年金・給付課(電話03-6260-7809)までご連絡ください。

届出書(記入例)

受給者が亡くなりました。届出は必要ですか。

 受給者の方が亡くなった場合は、「年金受給権消滅届」を農林年金にご提出いただく必要がありますので、農林年金・給付課(電話03-6260-7809)までご連絡ください。
 年金は受給者の方が亡くなった月分まで受給することができますので、まだ受け取っていない月分の年金がある場合は、「支払未済の給付請求書」も送付します。

遺族年金についてはこちら

扶養親族等申告書(以下「申告書といいます。)は何のために提出するのですか。

 扶養親族等申告書は、年金の支給額にかかる所得税を源泉徴収する際に、所得控除(基礎的控除や人的控除)を受けるために申告するものです。
 確定申告をする場合等を除き、支給額の多少にかかわらず申告書を提出してください。

年金と税金

扶養親族等申告書を紛失しました。どうすればよいですか。

 扶養親族等申告書を紛失した場合は、再発行することができますので、農林年金・給付課(電話03-6260-7809)までご連絡ください。

他に所得(給与所得、不動産所得等)があり、確定申告をしますが、扶養親族等申告書は提出したほうがよいですか。

 扶養親族等申告書を提出した場合は、所得控除を受けることができますが、提出しない場合は、一律7.6575%(復興特別所得税含む)の率により所得税が源泉徴収されます。
 ただし、確定申告により税額の精算が行われますので、年間の税額は申告書を提出した場合と同額になります。

年金と税金

配偶者や扶養親族がいません。扶養親族等申告書は提出する必要がありますか。

 配偶者や扶養親族がいない場合でも、基礎的控除や本人にかかる人的控除は受けることができますので、扶養控除等申告書の提出をお願いします。

年金と税金

扶養親族等申告書を提出しないとどうなりますか。

 扶養親族等申告書を提出しない場合は、一律7.6575%(復興特別所得税含む)の率により所得税が源泉徴収されます。
 扶養親族等申告書を提出した場合は、5.105%(復興特別所得税含む)の税率により源泉徴収されます

年金と税金

扶養親族等申告書の「障害の区分」では、普通障害(または特別障害)に該当しますが、障害年金を請求できますか。

 障害者手帳に記載されている障害等級の基準と、障害厚生年金を受けるための障害等級の基準は異なるため、障害者手帳が交付されたとしても、障害厚生年金を受けることができない場合があります。
 なお、所得税の障害者控除を受けるためには、障害者手帳の等級により扶養親族等申告書に障害の程度を記載する必要がありますのでご注意ください。

ページトップへ