特例年金制度について

一時金の額

将来の年金給付総額を割り引いて算定します

 一時金額は、一時金を選択した時点から終身にわたり受給する年金給付総額を一定の割引率により割り引いて得た現在価値相当額(生命年金現価)となります。

 具体的には、政令の規定に沿って、年金現価率という換算率を用いて次の計算式により算定します。

一時金額 = 特例老齢農林年金額 × 年金現価率(一時金換算率)

 年金現価率は予定利率(割引率)と予定生存率を用いて算定します。

ページトップへ